toggle
2017-10-10

Japan漆喰って知ってる? 天然素材の家ハグハウス豊橋

Japan漆喰とは、天然鉱物資源である「石灰」を主原料としており
天然の海藻などから作られる「糊」、
麻などの植物繊維を刻んだ「スサ」を加えた100%天然素材の漆喰なのです。
160年もの伝統がある、Japan漆喰は本物を追求した究極・至高の漆喰と言われる事もしばしば。

 

ハグハウス豊橋が豊橋市多米中町に建築中の新築物件では
内装に「Japan漆喰」を使用しており、家族の健康を守る住宅となっています。

 

ペットの臭いや、気になる家庭臭なども消し去り、家族に快適な空間を作り出す「Japan漆喰
ぜひ、一度ハグハウス豊橋の物件を見学に来てくださいね。
詳しく説明します。

手触りなんかは、実物を見ないとわからないですよ〜

 

気になる、漆喰の原材料をご紹介。
【石灰】
漆喰の主原料の石灰は、日本で唯一自給可能な鉱物資源と言われてるものなんですよ。
石灰岩は太古の海でサンゴ虫類などの海棲生物が堆積、化石化したものが、
長い長い年月をかけて大陸まで運ばれたものなんです、”石灰とは太古の海からの贈りもの”なんですね。
石灰岩を土中炉で焼成すれば、純白な生石灰が出来上がっちゃいます。

【糊】
コテを塗りつける時に、スムーズに行くように糊の材料を混ぜる必要があるんです。
糊の材料は、つのまた、ふのり、銀杏藻などの天然海藻を炊いてつくっています。

【すさ】
漆喰は水を加え練ったものを塗りつけるので、乾燥する時に材料が収縮します。石
灰単体で塗りつけると収縮すると日ヒビが入る可能性があるので、
細かい繊維上の麻スサを入れ、収縮を防ぐんです。

ハグハウスを見に行くと
気になる、Japan漆喰の家を見る事が出来ますよ。
興味が出たら、まずは電話くださいね。

多米小学校区で子育てをご検討中の方
これから家を購入しようと検討されている方
一度、見学会に来てみませんか?

===============================
ハグハウスの中が見てみたい どんな感じになってるの? など
お気軽にお問い合わせください
株式会社 大進建設
〒441-8106  愛知県豊橋市弥生町松原46-2
フリーダイヤル:0120-47-1030
TEL :0532-47-1010
FAX :0532-47-1551
定休日:不定休
================================
スキップフロアで家族がつながる家
ハグハウス豊橋
http://hughouse-toyohashi.com/
愛知県豊橋市でママに優しい住空間のご提案
大進建設
https://peraichi.com/landing_pages/view/sumai-taishin

タグ:
関連記事